先輩看護師紹介:精神医療センター

少しでも安心して治療を受け、その人が望む生活に近づけるように

 私が所属している病棟は急性期病棟で、精神症状により、日常生活援助が必要な患者さんへの支援や退院を目指すためのリハビリテーションやサポートを行っています。年齢や病態も様々であり、その人に応じた治療を多職種と連携しながら行っています。

 精神科という特性から「治療は必要ない」「自分は病気ではないのに入院させられている」と話すなど、医療に対して不信をもつ患者さんも多くいらっしゃいます。そのため、看護師としてその人のことを考え行っていることもなかなか受け入れてもらえず、葛藤しながら関わることも多くあります。そこで、少しでも安心して前向きに治療が受けられるように、患者さんと真摯に向き合い、信頼関係を築くことを心がけています。少しずつ回復に向かっていく患者さんの姿を見た時や、退院後、元気に生活しているという話を聞いた時はとても嬉しく、仕事へのモチベーションにつながっています。

小森谷 はるか
第1病棟 勤務/2014年入職

就活学生に向けてのメッセージ

 私が精神医療センターへの就職を希望したのは、学生時代の実習がきっかけです。多職種が連携し患者さんのことを考え話し合っている様子や、患者さんの個別性に合わせながら看護をしていること、スタッフ同士の雰囲気の良さを見て、「ここで、一緒に働きたい」と感じたのを覚えています。病院の近くに看護師公舎があったのも決め手の1つでした。

 入職してからは、悩んだ時に相談しやすい職場環境であったり、自分のなりたい看護師像に近い先輩がたくさんおり、自分に合っていると感じました。1年目は慣れない業務、夜勤などありましたが、病院の近くに住んでいるということは安心感につながりました。

 就職活動中の皆さんには見学やインターンシップを通し、病院の雰囲気や実際に働いているスタッフの姿を見て、自分に合う病院を見つけてもらいたいと思います。

オフの過ごし方

 休日は社会人サークルの友達と一緒にテニスをしたり、夫と休みが合えば、遠くに出かけたりすることが多いです。家でゆっくりDVDを観たり、昼寝をしたりと、リラックスした時を過ごすことも好きです。最近はよもぎ蒸し(よもぎで体を蒸す健康法)がマイブームとなっています。仕事と離れて、自分の好きなことをしている時間が、リフレッシュになっていると感じます。

  • 非常勤職員採用
  • お問い合せ・資料請求
  • Q&A

お問い合わせ

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-13-3

病院局経営管理課 職員担当
TEL : 048-830-5976

埼玉県福祉部福祉政策課 職員担当
TEL : 048-830-3389

PAGE TOP