教育・研修制度

教育・研修制度

新人教育

4月に入職してから、各病院でのオリエンテーションや5病院合同での公務員研修等が行われます。公務員としての基礎を身につける他、各病院での専門性を考慮した看護技術や看護記録等の業務に必要な研修が準備されています。
日勤業務の自立度を確認しながら、早い人で6月後半から夜勤のトレーニングが始まります。この時期には救急看護についての研修や、チーム内でのメンバーシップを学ぶための研修が行われます。
夜勤での独り立ちが始まります。日常業務を通して、看護実践力の向上を目指していきます。研修としては各病院で医療安全や感染防止を学ぶ研修が行われます。
2年目に向けて、1年間の振り返りを行い、今後の自分に必要なものは何かを確認するなど、準備を行います。採用後1年目のフォローアップ研修やプライマリーナース育成研修も行われ、採用2年目の先輩看護師として必要な知識を身につけます。

プリセプターシップ

県立病院看護部では、一人のプリセプティ(新人看護師)に一人のプリセプター(指導者)がマンツーマンで個人に合わせた教育指導をしています。さらに、アソシエートナース(病室担当看護師)により、プリセプター(指導者)の補佐・指導・支援をしています。新人看護師が安心して看護を実践できるように個人に合わせた、丁寧な指導と何でも聞ける雰囲気で指導を行っています。

フォローアップ研修

継続教育

専門研修

各県立病院の専門分野に関する研修

例)がん看護専門研修
がん化学療法、がん手術療法、放射線療法、がん疼痛コントロール、緩和ケア、皮膚・排泄ケア、摂食・嚥下障害看護、がんリハビリテーション看護

彩の国さいたま人づくり広域連合自治人材開発センター主催・病院局経営管理課主催、自治体病院協議会主催、日本看護協会・埼玉県看護協会主催研修、その他、研究会、学会に積極的に参加しています。

キャリアデザイン

県立病院では、管理(ライン職)とスペシャリスト(スタッフ職)の2つの昇任コースがあり、自分の希望に合わせてキャリアデザインを行えます。

管理(ライン職)として昇任していく場合、職員の管理や病棟の管理を主に行うことになります。スペシャリスト(スタッフ職)は認定・専門看護師としての知識・経験を生かし、現場でスタッフの指導や看護実践を担います。

どちらのコースからも、もう一方のコースに変更することが可能です。

県立病院看護師のキャリアデザイン
  • 非常勤職員採用
  • お問い合せ・資料請求
  • Q&A

お問い合わせ

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-13-3

病院局経営管理課 職員担当
TEL : 048-830-5976

埼玉県福祉部福祉政策課 職員担当
TEL : 048-830-3389

PAGE TOP