プレガバリン(リリカジェネリック)

プレガバリン50mg(リリカジェネリック)

コロナ禍による長期の在宅ワークで神経痛のある方におススメです! 日本でも承認されている神経痛治療薬リリカのジェネリック医薬品です。デスクでのパソコン作業や長時間の事務仕事による神経痛を解消してくれます。

最安値を販売ページでチェック
腰痛・関節痛・疼痛の薬一覧はこちら

プレガバリン150mg(リリカジェネリック)

新型コロナウイルスで出社ができず、在宅ワークによる神経痛などにお悩みの方向けの痛み止めです。 坐骨神経痛など神経の痛みに特化している痛み止め「リリカ」のジェネリック医薬品となっています。

最安値を販売ページでチェック
腰痛・関節痛・疼痛の薬一覧はこちら


商品説明

リリカ(Lyrica)は米国ファイザー社が開発した神経痛、神経障害疼痛、糖尿病性末梢神経障害などを緩和するお薬で、ロキソニンなどでは効果が低い症状にも。
プレガリン50mgは有効成分としてプレガバリン50mgを含有する神経痛・神経障害性疼痛治療薬です。
武田鉄矢さんのCMでも有名なし疼痛については(疼痛.jp)で詳しく紹介されています。
商品名リリカのジェネリック医薬品であり、先発品と同等の成分・効果でありながら安価で購入することができます。
神経痛・神経障害性疼痛は神経が障害や損傷を受けた影響によって興奮し続けて痛みを伝える神経伝達物質が過剰放出されることから起こる痛みと言われています。
この状態になると、痛みの根本の原因となる病気や怪我が治癒した後でも痛みが長々と続くことがよく起こります。
また神経痛・神経障害性疼痛はは大きく中枢性と末梢性に分類されます。中枢性は脳や脊髄に起因したもので、脳卒中後疼痛、脊髄損傷後疼痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアや頚椎症の痛みなどがあります。
それら以外のものが末梢性になり、帯状疱疹の神経痛、糖尿病性神経障害による疼痛や痺れ、顔面の三叉神経痛などがあります。
慢性腰痛や関節痛なども神経障害によるものである場合は少なくありません。
神経痛・神経障害性疼痛にはロキソニンなどのNSAIDSといった一般的な鎮痛薬はあまり効かず、除去できない痛みに長年苦しんでいる多くの方の前に現れた特効薬が有効成分プレガバリンです。
プレガバリンは痛みを伝える興奮性神経伝達物質の過剰放出を抑えることで鎮痛作用を発揮します。
中枢性&末梢性の神経痛、神経障害性疼痛、痺れをはじめ、線維筋痛症による疼痛にも有効です。